電磁波測定サービス

img_ttl-measurement

電磁波測定サービス

電磁波測定サービスとは

建物内部における50または60Hzの極低周波電磁場を測定します。測定結果に応じて、対策などのアドバイスも実施しています。測定は当協会が認定した1級電磁波測定士が行います。
住まいやオフィスの中にどれだけ電磁波があるかご存じですか。多くの家庭やオフィスで床を測定すると電磁波が確認されます。つまり、帯電している床の上で私たちは暮らしているのです。電磁波のある環境と電磁波を除去した環境の違いを知ってほしい、そんな思いから電磁波測定サービスを実施しています。

こんな方は、電磁波測定が必要かもしれません

☑ 部屋で過ごしていると疲れやすい 体調が悪くなる
☑ 家やマンション、アパート内の配線が気になる
☑ 電化製品をよく使用しており、身体への影響が気になる
などにあてはまる方は電磁波測定をおすすめいたします。

測定できる電磁波と測定できない電磁波

  1. 測定できる電磁波
    建物内の家電製品や屋内配線から発生する電磁波は測定することが可能です。
  2. 測定できない電磁波
    建物内であっても、携帯電話や無線LANなどの「高周波」と呼ばれる電磁波は技術的に測定することができません。
    また建物の外の電磁波も測定できません。理由は、発生源が多すぎて測定数値の結果を解析することが現時点では現実的ではないからです。
    あしからずご了承ください。

測定サービスの内容

  1. 測定者
    当協会が認定した1級電磁波測定士が測定を実施します。測定建物住所の最寄りの測定士を派遣します。
    ▶全国の1級電磁波測定士
  2. 測定器
    電場:FM-6、磁場:UHS2を使用します。
  3. 測定サービス料
    測定サービス料  12,000円(税別)
    ※別途交通費がかかります。
    ただし、オフィス等住宅以外の場合には、建物規模により料金が変わることがございます。事前に見積もりをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。
  4. 測定結果レポート
    測定終了後、EMFA認定の「電磁波測定結果レポート」を作成、ご送付させていただきます。

お申込み方法

以下のプロセスでお申し込みください。

  1. 申込フォームをご送付ください。
  2. 測定サービス料をご入金ください。
  3. お申し込み内容を確認後、折り返し担当より詳細についてご連絡させていただき 測定の日程や交通費の精算方法などをお伝えさせていただきます。
  4. 申込完了です。

お申込み方法詳細

  1. 申込フォーム
    メールにてお申し込みの場合 メールフォームにてお申し込みください。
    ▶メールフォームファックスでのお申し込みの場合専用ファックス申込書にてお申し込みください。
    ▶専用ファックス申込書(PDF)
    その他各種お問合せ 下記お電話にて承ります。
    TEL 047-325-7747(月~金 9:30AM~17:00PM/担当 島内)
  2. 測定サービス料 のご入金
    1. 測定サービス料は事前に、以下いずれかの方法によりご入金ください。
      ① 測定業務提携先REGINA社の通販サイト「ecore」より、測定チケットをオンライン購入する。(クレジットカード決済、または銀行振込。)
      img_measurement002
      ▶オンライン購入はこちらから

      ② お申込書を送付後、測定業務提携先REGINA社の指定する銀行振込口座にお振込みする。(振込手数料はお申込者ご負担となります。)
      三菱東京UFJ銀行 小岩支店 普通 1549337  株式会社レジナ カ)レジナ
    2. 交通費の精算は測定当日に直接担当測定士にお支払いください。
      (交通費は、計算の上、事前にご連絡させていただきます。)
  • ご留意事項
    • 測定する電磁波は建物内の極低周波電磁場のみです。
      建物外の電磁波や高周波(携帯電話、無線 LAN、Wi-Fiなど)の測定できません。
      測定の実施は、当協会が派遣する対象測定建物の最寄りのEMFA認定1級電磁波測定士により行います。
    • お申し込み受付後に、当協会からご連絡の上、担当測定士より訪問日時のご相談や交通費のご連絡をさせて頂きます。
    • 測定予定日の前日のキャンセルに対し、キャンセル料が発生いたしますのでご注意ください。
      前日:測定サービス料の50%  当日:測定サービス料の全額
    • 測定結果は、測定結果報告書(PDFデータ)にてお渡しします。
    • 測定の結果「対策が必要」と判断されたときは、有効な対策方法を、対策費用とともにご提案いたします。